次世代に多様かつ持続可能な
「食と農」をつなぐ

Sustainable food system
for the next generations

多くのお客様にご導⼊いただいております
  • ukafe
  • 総本家 更科堀井
  • 2416 MARKET PASTA&
  • AL KENTRE
  • 食べチョク
  • 全農 みのりカフェ

Vision cuoncropが目指す世界

サステナブルな食と農を
次世代につなぐ

食と農の世界は、脱炭素だけではなく生物多様性など様々なサステナビリティ課題に直面しています。他方で、商品数の多さやバリューチェーンの複雑さなどから、商品単位でのエコスコアの可視化は進みづらい現状があります。結果として、食材名で判断された一部の食材が全体として忌避されたり淘汰される動きにも繋がってしまうと考えています。

Myエコものさしは、10を超える食品エコ指標で、食材や食品のエコスコアを可視化します。食と農に関わる皆様の工夫や努力を形にして世界に発信していくことで、私たちが享受してきた多様な食文化を持続可能な形にして次世代に繋ぐことを目指しています。

Awards 受賞歴

「Myエコものさし」事業は、
国内外の企業団体から
高い評価をいただいております。

2022年 JAアクセラレーター第4期優秀賞採択
優秀賞採択
2022年 フランス商⼯会議所 CCI FRANCE JAPON主催「BUSINESS LEADERS FORUM TECH GOOD EVENT」
Best Startup for a Sustainable Society賞受賞
2023年 愛知県豊橋市主催「未来の農をつくるTOYOHASHI AGRI MEETUPアグリテックコンテスト」
最終⼊賞 2年間の実証実験対象企業に採択
2023年 スペインの料理研究/教育機関であるBasque Culinary Center, Culinary Action on the Road by BCC
Future Food Institute賞を受賞
2024年 世界最大のフードテックイベントFood 4 Future 2024
Best Sustainability ProjectカテゴリーでFinalist賞を受賞

クオンクロップ株式会社
代表取締役CEO

北垣 卓

気候変動をはじめとしたサステナビリティの課題は待ったなしで迫ってきている中、私たちが享受してきたこの「豊かな食」を子供たちの世代に残したい、そのために必要となるソリューションを広く社会に提供したいという想いで、クオンクロップを創業しました。

当社は食農分野の特徴を捉える分析の効率性を強みとして、GHGだけではなく生物多様性の関する問題など、持続可能な食農バリューチェーンの実現のための様々な社会課題を効率的に見える化することを目指しています。

当社が提供する「Myエコものさし」は、利用者の利用目的や必要に応じて国内外の規格やガイドラインに沿った科学的な分析を組み合わせ、食農事業者のこだわりを十分に反映させつつも効率的な計測を可能にするシステムとして、生産者、食品メーカー、レストランなど様々な食農の事業者にご活用いただいております。

商品が様々なサステナビリティの観点で計測・見える化することで、サステナブル消費に関心・意欲のある企業や個人の行動変容につなげることが可能になります。その変化を食農の事業者がデータとして実感することで、より環境負荷の低い生産活動への投資が加速され、持続可能な食農バリューチェーンがより早期に実現されることを目指しています。

代表取締役:北垣 卓
クオンクロップ代表。新卒時はプロセスエンジニアとして大阪ガスで勤務。米国MBA留学を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務し、アソシエイト -> シニアマネジャーとして主に食と農分野でのPJを推進。2020年にクオンクロップ株式会社を設立。カリフォルニア大学バークレー校経営学修士(MBA)、京都大学工学部修士、同学士。

Service Myエコものさしを中心とした提供サービス
※SX: Sustainability Transformation

  1. 01

    食品の価値発信

    脱炭素だけじゃない、食品エコ指標。商品単位での多角的な計測を、ダッシュボードを通して可視化。あなたの商品に更なる魅力を。
    詳しくはこちら

    脱炭素だけじゃない、食品エコ指標。商品単位での多角的な計測を、ダッシュボードを通して可視化。あなたの商品に更なる魅力を。
    詳しくはこちら

  2. 02

    社内の食のSX

    社食や置き菓子などオフィスで消費される「食」をSX。社員の日常にある「食」から意識を変えることで、本業で取り組むESGの一貫性を強化。

    社食や置き菓子などオフィスで消費される「食」をSX。社員の日常にある「食」から意識を変えることで、本業で取り組むESGの一貫性を強化。

  3. 03

    地域のSX活動の可視化

    コミュニティ単位で取り組む循環農業や、ソーラーシェアリングなど、地域の1次産業と連携した一歩進んだ取り組みの環境価値を、多角的に可視化。

    コミュニティ単位で取り組む循環農業や、ソーラーシェアリングなど、地域の1次産業と連携した一歩進んだ取り組みの環境価値を、多角的に可視化。

  4. 04

    食農を軸としたSX支援

    脱炭素ロードマップの策定、カーボンニュートラル製品の開発検討など、食農を中心とした分野のSXコンサルティングを提供。

    脱炭素ロードマップの策定、カーボンニュートラル製品の開発検討など、食農を中心とした分野のSXコンサルティングを提供。

News お知らせ

  1. お知らせ

    MUFG ICJ ESGアクセラレーター『FOOD×TECH Mercato』にて三菱UFJ信託銀行賞を受賞しました

  2. お知らせ

    当社の活動を、料理通信「食の日常に入り込むフードテックの今を知ろう!ー世界的フードテックイベント「F4F」リポートー」にて取り上げていただきました

  3. お知らせ

    当社の活動を、雑誌「地上」8月号(発行元:JAグループ 家の光協会)に取り上げていただきました

  4. お知らせ

    当社代表の北垣が7/4開催の「—  日本・スペイン経済交流フォーラム — 脱炭素化と経済成長の両立を目指した社会基盤:GX・DXの推進」のラウンドテーブルに登壇します

  5. お知らせ

    世界最大級の食品製造総合展 FOOMA JAPAN 2024(2024/6/4~6/7)に出展します

  6. お知らせ

    当社代表の北垣が、AgVenture Labが開始したインキュベーションプログラム『GROW & BLOOM』のメンターに選ばれました。

  7. お知らせ

    パリ開催・ヨーロッパ最大のスタートアップ・テックイベント「VIVA TECHNOLOGY」 に2024/5/23-24に出展します

  8. お知らせ

    グローバルフードテックイベント「FOOD 4 FUTURE2024」において Best Sustainability ProjectカテゴリーでFinalist賞を受賞しました

About us 会社概要

会社名 クオンクロップ株式会社
所在地 〒102-0074
東京都千代⽥区九段南⼀丁⽬5番6号 りそな九段ビル5F KSフロア
代表取締役 北垣 卓
設⽴年⽉⽇ 2020年9⽉2⽇
主要取引銀⾏ 三井住友銀⾏ ⽇本政策⾦融公庫 城南信⽤⾦庫
外部株主 インクルージョン・ジャパン
問い合わせ先 info@cuoncrop.com

    Contact お問い合わせ

    会社名必須
    ⽒名
    メールアドレス必須
    電話番号
    題名必須
    メッセージ本⽂